2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ちばらきに向かって~りんかい線にも乗っちゃう~
- 2010/02/01(Mon) -
昨日、1月31日日曜日の午前11時。
「勝田から出てるローカル線に乗りにいかね?」と親父に誘われた。
恐らくいい旅夢気分とかなんかの地方で頑張るローカル線みたいな番組に感化されたのであろう。
家でパジャマでパソコンに向かってキーボードを叩く私にはやや億劫な話だ。

「交通費出すから」

次の瞬間、パソコンの画面はJR東日本水戸支社の『ときわ路パス』案内画面に変わっていた。
ときわ路パス』。これは茨城県内のJR全線のみでなく、第三セクター・私鉄にまで乗り放題で大人2000円、しかも青春18きっぷと異なり、特急料金を払えば特急に乗れちゃう☆という、土休日に茨城に行くなら必携の切符なのだ。詳細はリンク参照。

しかし水戸支社企画の切符なので、その管轄の駅でないと買えないんだゼ☆
ということで10分でジーパンに履き替えて出発。北柏から乗ってまずは取手で降りる。

取手のマルス券売機でときわ路パスを選択。
日付選択画面に表示されたのは、「本日」のところが薄らグレーと化した画面だった。
わかりやすく言うと、利用期間は2月からだった。

その瞬間、いわゆる旅の気分は一気に萎えた。
帰りに水戸線から下館→関東鉄道でかえろっかな的な野望もあったのでその萎え方は異常であった

とりあえず目の前にあったスタバに入った。
動機はよく覚えていない。



一人で来ていたなら即帰ったであろうが、まあタダなので父もいることなので、どこかには行こうということに。
折角休日なのでホリデーパスを使うことにした。

ホリデーパス』。これは2300円で首都圏の規定エリア内乗り放題。詳細はリンク参照。

この時点で12時半。千葉あたりを回ることにした。
現在地が取手なので、とりあえず成田に出ないと始まらない。

取手1255→我孫子1316→1358成田


成田線内で大まかな計画を立てる。何回も乗ってるので充分乗り飽きている。
下総松崎あたりで、成田新高速鉄道の大きな高架が見えた。建設中っていう感じはなく、架線も見えたし、もう出来てるね。

空港に行ってもしょうがないし、佐原側はエリア外なので、エアポート快速の佐倉方面に乗り換え。さらに佐倉で乗り換え。

100201a.jpg
成田1414→1427佐倉1432→1457成東

成東に到着。
100201b.jpg
東京から70キロ台で、こののどかさ。
100201c.jpg

駅周辺に驚くほど何もない。
陽が傾いてきた。


ここから銚子方面もエリア外なので、初めて乗る東金線へ。
東金線は地方交通線です。

ていうかエリア狭いなぁこの切符。

成東1536→1557大網

大網駅は線路の分岐点のちょっと先に駅があるため、乗り換えるホームが少し距離が離れてます。
ホームが曲がっているので、列車停車中、車内は軽く傾いてます。
外房線で千葉方面へ。

大網1601→1619蘇我

蘇我で降りてみる。
100201d.jpg

ここから京葉線に乗ろうかと思って降りたが、やっぱり千葉駅へ。

蘇我1632→1639千葉

偶然駅弁祭りをやっていて、万葉軒のやきはま丼ゲット。
詳しくは下で実食レポート。

することもないので総武線各駅に乗る。
このまま帰るのもなんかもったいないので、乗ったことのないりんかい線に乗ることに。
ホリデーパスはりんかい線にも乗れるんだゼ☆

千葉1652→西船橋1718→1723南船橋1730快→1748新木場

新線のサインシステム(看板)のデザインってのは、建設された当時の流行を反映してることが多い。
ここもその例にもれず、90年代流行りの、黒地に白抜きの小さい文字。
そのあと、ベースカラーがカラフルになって文字が大きくなる。
100201e.jpg

ゆりかもめとかも似たようなデザイン。
そのちょっと前のアストラムラインはこんな感じ


新木場1750→1802品川シーサイド

変な駅名があったから、降りてみる。
100201f.jpg
古いイオンのショッピングセンターがあった。
フードコートで軽く飯を食う。
ものすごい混雑だった。タワーマンションとかも多いし、需要を吸収しきれていないのだろうか。ニューファミリーが多かった。

折角なので終点まで行く。

品川シーサイド1902→1908大崎

日曜夜のオフィス街はひっそりとしていた。
この駅も、湘南新宿ラインとこのりんかい線の影響でだいぶ変わったのだろう。

さてお家に帰ります。
新木場から武蔵野線直通に乗る。さすがに疲れた。座れて爆睡。

大崎1925→1944新木場1949→2024新松戸2030→2040北柏

疲労があって寝てしまいたかった。だが!重要なミッションが存在していたのである。
クソ重い陶器の入れ物に入った千葉の弁当が存在を主張しているのである。
消費期限は22時。その前に弁当を食わねばならない。

やきはま丼(1100円)
100201g.jpg
こんな感じでハマグリの形をしたクソ重い陶器の入れ物に入ってるヨ☆


オープーン!!!
100201h.jpg

おぉ!!

焼蛤串、蛤の白焼、そして煮蛤と、一度に三種の味が楽しめます。
ご飯は牛蒡の炊き込みご飯となり、三種の蛤ともよく合います。
万葉軒ホームページに代弁していただきました)

いや実際、うまいです。
焼き蛤と白焼きが両方うまい。食べ比べが楽しい。

注意しなければならないのは、似た名前の駅弁「やきはま弁当」と間違えないようにすること。
割り箸をもらうのを忘れないようにすること。
あと、容器がクソ重い陶器であることです。



どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 近所へおでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
御茶ノ水~神田間、煉瓦造りの中央線を歩く
- 2008/10/28(Tue) -
学校最寄りの御茶ノ水から、つくばエクスプレスの始発の秋葉原まで
歩いています。
交通費がもったいないので。

聖橋を過ぎて、淡路坂を下ります。
0810281.jpg
御茶ノ水の駅直前で中央線と総武線が立体交差しています。
駅ホームの端のほうは、同じホームで中央線側と総武線側に段差があります。

構造上ホームが狭く、エスカレーターやエレベーターを設置することも出来ないので
バリアフリーという観点では山手線内最悪ですが、
神田川を目の前に見るロケーションは最高です。

建て替えの話はあるようなのですが…。


坂を下りきって、昌平橋のガードの手前にこんなお店があります。
0810282.jpg

明治時代に造られた煉瓦がそのまま残ったガードを活用し、
ガード下にレストランを4店舗オープンさせました。

人通りがあまり多くなく、御茶ノ水、神田、秋葉原全ての駅から少し離れているのがネックですが、
周辺にオフィスが多いので、お客さんは結構来ていましたよ。


0810283.jpg
写真右上にあるちょっとした石造りの構築物など
じっくり見ると面白い発見が出来ます。



0810284.jpg
落書きを苦労して消した跡がありました。
ただでさえ老朽化が進むこの煉瓦に落書きなんて…。


昌平橋から見ると、神田川側にテラス席があるのが分かります。
0810285.jpg


昌平橋を渡ると一気に電気街になります。
それにしても秋葉原の電気街は、密度がものすごく高い割に、
一歩外に出ると急に普通の街になるところが面白い。
この記事のURL | 近所へおでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
葛西臨海水族園に行ったゼ!!!!(テンションを無理に上げながら)
- 2008/07/27(Sun) -
こんにちは!
昨日、友人と葛西臨海水族園に行ってきました。
写真もいっぱい撮ってきたんだぜ!

穴場スポットとして中途半端にポピュラーになった葛西臨海水族園は、バブル真っ只中の1989年に東京都が建設した、葛西臨海公園の中にあります。年季の入り方がちょうど良い感じで、オシャレさが見事に抜け落ちていながらも、ある程度は見れる、しかも古さゆえのツッコミどころも忘れない、そんな微笑ましいスポットです。

まずは舞浜リゾートゲートウェイの隣の駅で降ります。


駅から徒歩5分で、水族園に到着だ!
アクセシビリティが中途半端に低く、ちょうどテンションが下がった頃に水族園が現れます。
大人700円。

ガラス張りのドーム状のモニュメントに入り、シ●ドラー社製のエスカレーターを降りると、
キレイな水槽が出迎えてくれるよ☆


サンゴっぽいやつもあるぜ☆



華やかな水槽には、ヒトデもいるよ!





壁にもたれかかり頭をたれて、とっても疲れてそうだね!



こっちにも!





全身の筋肉を伸ばそうと、何か必死な感じだね!



ここにもいたよ!





きっと水槽の下のほうから逃げようと必死なんだね!




次はマグロコーナーだ!

結構でかい水槽を、結構な数のマグロが回遊してます。


史上初!素早く泳ぐマグロを4連写!

マグロパノラマが堂々完成しました。
クリックすると無駄に拡大します。



みんな大好き、ペンギンコーナーだぜ!

おお!これはマジで広いね。


すいすい泳ぐぜ!



涼しげですが、すごく暑いです。




暑いので、館内へ。



クラゲ出たーーーーー!!!!



クラゲの動きは癒される。飼おうとする人の気持ちが分かる。


そんな感じで、終了。

館内はコンパクトで、広すぎないので親子連れに良いですね。冷房があんまり効いてないし、ペンギンは屋外なので熱中症に注意。公園なんか死ぬほど暑いし。
穴場狙いと思われるカップルもちらほらいました。夏休みの土曜日にしては、空いてると思いました。でも狭い館内なのでそれなりの混雑に感じられました。


それにしても、ヒトデが面白かった。


公式ホームページ
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/
この記事のURL | 近所へおでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
笹塚ぶらり旅
- 2005/06/26(Sun) -
今日はゼミの球技大会だった。種目はソフトボールで、久々に汗を流した。

打ち上げを笹塚ボウルのカラオケで済まし、帰宅することに。

さて、笹塚からだと、新宿まで出てから山手線で日暮里にでて、そこから常磐線に乗って更に途中で各駅停車に乗り換えねばならない。日暮里からでは常磐線に座れるわけはないし、何より乗換えがめんどい。
かといって千代田線の始発駅、代々木上原に出るには京王線で明大前まで戻って、井の頭線で下北沢に行って、小田急線を経由しなければならない。これでは本末転倒である。金も余分にかかる。

そういえば、以前地図で、笹塚と代々木上原が位置的に意外と近いことを思い出した。
よし!歩く。

意気揚々とみんなと別れ、一人歩き出す。
sasa1s.jpg

しかし、近いということは漠然と知っていても、道順がまったく分からない。もちろん距離もだ。
ここで登場するのがauの秘密兵器、EZナビウォーク…は搭載されてないので、普通のGPSを使って現在地を確認。
sasa2s.jpg

なんという事でしょう。これだけ地図を縮小しても、「代々木上原」駅はおろか、小田急線すら見えない。ゼミの友達の「代々木上原はやめたほうがいいと思うぞ…」という忠告が頭をよぎる。
俺はそんなに馬鹿ではないので、正直に地図を買うことにした。しかし本屋で買ったら高いので、近くにあった100円ショップに市内地図くらいはあるだろうということで侵入。
sasa3s.jpg

あったあった。地図が。
sasa4s.jpg

少々縮尺が合わないようですね。
残念ですが地図なしで歩き出します。
sasa5s.jpg

観音通りという商店街を歩く。人がたくさんいるし、安心です。
sasa6s.jpg

そして誰もいなくなった。
しばらく道なりに歩く。道を知らないとはいえ、いくらなんでも京王線が北側で小田急線が南側ということぐらいは知っているので、南方向へ。10分くらい歩いたところで、電柱にヒントが。
sasa7s.jpg

東北沢は、代々木上原のひとつ手前の駅。とりあえず右折。
sasa8s.jpg

アジサイが咲いていた。枯れかけであまり綺麗ではない。
sasa9s.jpg

大通りに出た。これで安心。ここで現在地を確認することに。
sasa10s.jpg

あるーーー!小田急線があるーーー!しかも右端には早くもゴール「代々木上原」の文字が。
sasa11s.jpg

線路が見えた!しかも千代田線の車両です。これでもう駅が近い。
sasa12s.jpg

到着!やっぱりあっという間につきました。歩いてよかった。
sasa13s.jpg

時間も30分程度。距離は後で測ったところ約1.5km。

一人で知らないところを歩くのは結構楽しい。暇があれば他の街を歩いてみよう。地図なしで。
この記事のURL | 近所へおでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。