2008 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
副都心線に乗りつつー、スイーツ堪能ーみたいなー
- 2008/06/23(Mon) -
副都心線のサインシステムについては、写真中心で別のエントリーにまとめます!!
今回は乗車レポートを日記みたいにゆるゆると書いてみますー

開業後初の平日、6月16日の事でございます。
最近ジメジメしてますが、この日は快晴。

若松河田駅で所要を済ませて、いよいよ副都心線に乗るべく東新宿駅へ向かう。
一駅だけ都営線の料金を払うのももったいないし、歩く!


大きな地図で見る

大江戸線の真上を西方向へ向かいます。

しかし、暑ちい……

ふとミニストップを発見し、フロフロエスプレッソを買っちゃう。


ソフトクリームうまー

緩やかな坂を上りつつ、しばらくすると抜弁天交差点へ。
そもそもこの道路、抜弁天通りというんですけど。

名前の通り、ここには「抜弁天厳島神社」があります。
小ぢんまりとしたところですが、しっかりとした鳥居が。



池もあるよ。



さて、散歩番組っぽくなったところで
そのまま200mほど進み、新宿七丁目交差点、東新宿駅に到着。
メトロの仮称駅名が「新宿七丁目」だったのもうなずけますね。


1日乗車券を買って、改札IN!IN!(テンションやや高め)

東新宿駅は急行の通過待ちが出来る駅なんですよ。
こんな感じで

通過専用線がありますよ。


さて、早速乗って渋谷へ。
ホーム階からコンコース階への吹き抜けがある、開放感のある地下空間。


将来の東急東横線直通に向けて、線路も準備されているので非常に広い駅となってます。
今使ってない線路の上はとりあえず仮設通路になってるんですよー


エスカレーターを覆うドーム上の物体。実はこれは巨大な構造体の一部。


渋谷駅は巨大な繭(マユ)のような「地宙船」が埋まっている、というコンセプト。
楕円の直径は約80メートル、短径は約24メートル。建築家の安藤忠雄氏が手がけたといいます。

こんな風にコンコース階から地上へと大きな換気口があります。


そんな感じで渋谷を後にし、急行で終点和光市まで行ってみます。
しかし……


前回のエントリーでも書いたとおり、この日はダイヤ乱れ。
急行なのに成増あたりで停止。そのまま車両点検で15分ほど動かず。

だりぃー…

そしてやっと和光市へ。
やっと地上だーッフォァー(テンションやや壊れる)


メトロ10000系ー

改札出てみるよ。
うん!さすが埼玉特に何もないね!

引き返す。
すぐ降りる。


西日差す地下鉄成増駅だよ☆
このブログの読者なら、もうどこに行くかはお分かりですね☆(2年半前のエントリ
2年半ぶりのWendy's成増店だよ☆



大きな地図で見る
ダイエーの1階にあるぜ!

ということでウェンディーズるならハズせない、激アツのメニューをオーダー。

それはWendy's amburger.

一見「H」の脱字に見えますが、そんな事はない。



あんバーガー!


……


……


…………やっちまった





とりあえず…ガブッ



……うん?


……うん!



アンパンだ!



バンズにあんこ、チーズとマーガリン。
あん&マーガリンのコッペパンだね。

チーズは結構合いますよ。合うというか、あんこの味が強すぎて特に感じないよ。


ていうか、あんこ多いよ☆



普通のハンバーガーとポテトのセットにデザート感覚で付けたりすると、
だいぶ苦しいので注意が必要だ!!


そんな感じで、その日は帰ったんだぜ!

(話題の副都心線の記事のオチがまさかのあんバーガーであることから目を背けながら)


繰り返しになりますが、副都心線のサインシステムについては、写真中心で別のエントリーにまとめますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
トラブル続きの副都心線
- 2008/06/16(Mon) -
副都心線に乗ってきました!!
クリックで拡大


しかし…
080616b.jpg
初めてのラッシュで不手際、副都心線で最大35分遅れ 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)


ダイヤに無理があったのか、朝から遅れっぱなし、ダイヤはぐちゃぐちゃでした。
走行中に赤信号で停止、そのまま数十分車内に閉じ込められる、といったことが頻発。

080616c.jpg
案内表示機には急行運転取りやめにもかかわらず「急行」と出るなど、次に発車する列車すら表示できない有様。
車内案内でも「反対側の扉が開きます」と出ているほうのドアが開いてしまったり。
とにかくひどい状況でした。

どうやら小竹向原駅の構造上西武方面と東武方面・有楽町線と副都心線が相互にかち合ってしまい
捌ききれていない、とのうわさが流れています。
また、ホームドアと自動運転装置(ATO)のシステム上、様々な車両のブレーキをうまく制御できず
定位置にとめられず停止位置修正を繰り返したから遅れた、との話も。

せっかく鳴り物入りで登場させたのに……
サインシステムや駅デザイン、など他はかなり優れている路線です。
どうなってしまうんでしょうか。


サインシステムや車内案内表示機等、色々写真撮ってきたので
今度まとめて投稿しますー。
この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。