2010 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2010 03
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
青春18きっぷで冬の旅~伊勢・広島・山口 5・6日目
- 2010/02/02(Tue) -
さて、誰もが忘れていると思われる旅行記の更新です。
旅行から1年以上経過するという奇跡の体たらく。
(本当に申し訳ございません)

ということで、最終日、新山口を出発して東京に帰ります。


1・2日目はこちら
3日目はこちら
4日目はこちら
→今回の旅の目次に戻る

1月16日(金)~17日(土) 山陰編

朝の新山口駅。
10020701.jpg
雲が厚い。

本来乗るはずだった、寝台特急 富士・はやぶさ。
この直後に発車する各駅停車に乗ります。
10020702.jpg

今はもう見られない、富士・はやぶさの風景。(拙い動画で済みません)

ゆっくり入線、客車列車らしい『ガチョン』という音を立てて停まる。
結構降りる人がいる。中の人は結構起きているようだ。東京発は昨日の夕方だからなぁ。
大分・熊本まではまだまだかかるぞー。

撮影を終えると、乗る普通列車の発車1分前。
ダッシュで跨線橋を駆け上り、駆け降りる。
10020703.jpg

乗って一分後、発車した。朝だが満席にはならなかった。
途中の宇部・小月・厚狭等の主要駅で乗り降りが多かった。
下関に定時で到着。

はじめて見るサインシステム。
10020704.jpg
なんと、旧型の行灯型パタパタをプラズマディスプレイに生中継するという、斬新すぎて技術の倒錯が発生している驚くべきサインだ。そして映像が乱れている。

ちなみに中継元はこちら。
10020706.jpg

そんなことをしている暇はない。
9分の乗り換え時間でお目当ての駅弁を探す。

ホームの売店があれば、と思ったがシャッターが下りている。
改札正面に無事、そばうどん一体型駅弁屋を見つけ、駅弁を購入。
10020705.jpg
実食レポートはのちほど(下の方で)。


山陰線ホームに来ると、ちょうど入線してきた。
ボックスシートに1人ずつという感じ。しかし油断はできない。
小串での乗り換えで海側をゲットできるかが勝負。(小串の少し先がビュースポット)
10020707.jpg
…見事、一つだけ開いていた窓側ボックスシートをゲット!!しかも一両編成。

発車するとすぐ、絶景が広がる。
10020708.jpg
ありがたそうな岩を激写することに成功。

途中下車。
10020709.jpg
下車したのは自分だけ。

特牛駅(「こっとい」と読む)
10020710.jpg

映画の撮影にも使われたという、雰囲気ある駅舎。
10020711.jpg

改札口にも年季が入っている。
10020718.jpg

駅前のメインストリート。(人がいない)
10020713.jpg

駅前バスターミナルでバスを待ちます。(人がいない)
10020712.jpg
半端なく寒い。


バスの待ち時間にものすごく不安を感じる。
ああ、寂寥感が。
あと寒い。風が強い。


来ました。ブルーライン交通バス。
10020714.jpg
さあ、角島大橋へ!


曇ってて風が強くて死ぬほど寒い冬なのでアレですが、
夏はエメラルドグリーンの海がきれいで、車のCM撮影に使われることが多いようです。
Youtubeの動画にも自家用車から撮影した動画は多かれど、さすがにバスから撮ってる奴はいないようだ。

来てみてその長さに驚く。あと海の青さ。渡りきってすぐのバス停で降ります。
同じバスが角島を循環して戻ってくるまでの13分間、橋を一望できる高台へ。
10020716.jpg
高低差があって、途中の小さな島もあって、美しいですな。寒いけど。

ここに来て一層風が強く、死ぬほど寒い。



クリックで拡大します(ていうか全部の写真がクリックで拡大します)
10020715.jpg
本土から1.5kmも離れてるそうだよ。


あまりの寒さに、「こりゃ雪だ!!!」などと意味不明な言葉を連呼しながら、バスが戻ってくるのを待つ。
10020717.jpg
13分が本当に長く感じた。

橋はトラックと一般車が半々で、極端にガラガラではないが空いている。
ここはマイカーで来たら気持ちいいんでしょうな。
ちくしょう車を持ってる人が羨ましい。

さて駅に戻ります。
風はしのげるがやはり寒い駅舎で、30分の時間をつぶす。

やがて、みすヾ潮彩号が入ってきた。土休日は通過だから注意。
10020719.jpg

さて、下関で買った「ふくめし」(1300円、冬季限定)を食う。
かわいい容器ですな。
10020720.jpg

オープーン!!!
10020721.jpg
おお!なるほど確かに豪華である。
ふくの空揚げがかなりうまい。あと西京焼も。
ふくは良質で肉厚な白身魚だ、とよくわかりました。
ご飯も、味が染みているのがしっかりわかっておいしいよ。



10020722.jpg
再び、日本海沿いをゆく。

長門市に到着。
10020723.jpg
ドアガラスの上のデザインが面白い。ガラスをデコるのは珍しいんじゃないだろうか。

益田行きの接続は3分。

10020724.jpg
もう、日本海の絶景が当たり前になってきた。
でも、さっきよりもダイナミックな車窓になっている。
トンネルも増えた。撮影もせず、ボケーっと眺める贅沢。

そうこうしているうちに益田へ到着。
ここでは接続時間が27分ある。向かいに浜田行きのレールバスが停車しているが、どうせ浜田までは1時間ないので、無理な席取りはやめておく。
10020725.jpg

改札外に出て、さらに駅の外に出てみるも、
10020726.jpg
何もない。

駅の売店をみるも、弁当も売り切れ。
まあこれくらいは覚悟できていたので大したショックではない。
お土産をいくつか見つくろう。ついでにサンドイッチを。

ハムタマゴサンドがなんと135円。山口周南の工場製だが驚異の価格。
内容はハムカツサンドとタマゴサンドとハムサラダサンド。
パンが薄いので3つそれぞれが独立したサンドだが違和感ないボリューム。タマゴサンドフィリングにミックスベジタブルを混ぜることによる脅威のコスト削減。ハムは美しいまでに薄切りのロースハムと、たっぷりのコールスロー。個性を放つ逸品だ。

ところでサンド系の価格は最近迷走している。安ければロスのリスクが減るが客単価は低い。高ければその逆。さらに原材料高があるので低価格が優遇されやすくなった。コンビニでは例えばコッペパンにタマゴやツナのフィリングを挟んだサンドが100-120円前後で売られる。総菜パンとしても菓子パンとしても各メーカーが製造しているのだ。さらに150-200円のランチパックのヒット。三角サンドのシェアは下がっている。どこかのメーカーが147円のサービスサンドをやめたい、250-300円の商品にシフトしたい、といって徐々にそうしているが、このままでは大きく水をあけられてしまうのではないか。三角サンドには消費期限の短いリスクと引き換えにフレッシュ感と具だくさん感など、顧客イメージでのアドバンテージは大きいはず。そんな中で低価格帯の商品を投入することは、少なくともやめるべきではないだろう。

……まさかのサンドイッチトークは置いておき、浜田駅に着くころには雲が薄くなってきた。そして現れた太陽は西日だった。


浜田での3分乗継。1両レールバスが2両気動車に変わり、クロスシートもたっぷりなので余裕で座れた。
10020727.jpg
思えばこれが最後の乗り換え。あとは出雲市に着くのを待つだけである。


10020728.jpg
不思議な空だ。

江津で10分停車。
10020730.jpg


いつかここを発車する、究極のローカル線、三江線に乗りたい。
10020729.jpg

高校生で混雑すると思いきや、そこまで込まずに、出雲市駅に到着。
10020733.jpg
夜です。

夕食の場所はもちろんすき家。
10020731.jpg
以前出雲市に来た際、出雲そばを食う予定を蹴散らしてカレーを食った。
今回は、最初からカレーを食う予定。

前回お届けできなかった牛あいがけカレーの写真です。
10020732.jpg
ブレているうえに自分の影が写りこんでいることに全く気付かない、カレーの食欲促進効果。(責任転嫁)



さあ、後は東京まで一本!
10020734.jpg

寝台特急、サンライズ出雲に乗車。
筆者の超お気に入りで、もう何回乗ったかわからない。
10020735.jpg

緊急企画、ソロの車内を徹底(でもない)解剖!!

10020736.jpg
ソロとは、3号車1両分だけにある、最も狭い個室です。
でも居心地が良い。マジでいい。もちろん2階がお勧めです。

10020737.jpg
シーツが敷いてある上に、毛布と枕。浴衣とパンフレット。
スリッパと使い捨てコップ、ごみ袋もあったかな。
シャワーカードを買えばシャワーが使えます。
タオルと歯ブラシのセットも200円で売ってます。車両の絵が入ってるので、手軽な土産になるかも?

上の写真の左上のハンガーは走行中うるさい音を立てるので、使わないなら荷物スペースに置きましょう。
荷物スペースは写真で見て、ハンガーの左側にあります。
シングルというほんのちょっと広い客室もありますが、1050円高いうえに、階段が客室の外にあるので荷物置きに使えず、ソロのような大きな荷物スペースもないです。

私はソロの2階にして、階段部分に靴とゴミ袋を置いて、荷物置き場にハンガーを置いてからお土産やカバンを置きます。
荷物がスッキリすると、だいぶ広く感じますよ。

10020738.jpg
電気のスイッチとアラーム、あとNHKのFMが聴けるみたいです。シティホテルみたいな雰囲気ですな。
この写真からみて180度反対側に、コンセントがあります。

10020739.jpg
暗証番号式のカギがかかるので安心です。番号は自分で決められます。



さあ、発車です!

ここからがサンライズ出雲ならではの魅力。
寝台特急の個室は電気が消せるので、星空が見えます。
出雲市発のサンライズは、岡山まで「伯備線」という山の中の路線を通ります。

普通に外で見る星空との違いは、当たり前ですが『景色が動く』ということ。
カーブたっぷりの伯備線では、上に見る星空が『回る』。まるでプラネタリウムだ。
でもこれは本物の星空。
曇りだったのでたまに雲に隠れるが、それもすぐ脱する。星空が回転したりかくれたり出現したりと、とにかく見飽きなかった。

周囲の雪景色も、ぼやーっと見えた。

こんな絶景を、ラウンジカーとかシャワールームで過ごしてしまうと非常にもったいない。
比較的、発車してすぐ(特に松江・米子などは)なので、これはぜひチェックです。


すると、新見を出てからすぐに寝てしまった。
岡山でのサンライズ瀬戸との連結にも気付かず、6時まで約8時間の爆睡に入ったのだった。
どんだけリラックスしてんだ、っていう感じで。



……振り返ってみると、山陰山陽ともに、家電量販のデオデオ、ベスト、SCのゆめタウン、ロックシティなど、関東ではあまり見ないスタイル、店舗が多かった。百貨店も天満屋、福屋に代表される。集客力としての食品フロアのパワーに驚いた。
あとは広島の公共交通の位置づけ。宇部線、小野田線や可部線、山陽線などで利便性の高い短距離区間では高校生だけでなくビジネスユース、若者の利用もあった。「ローカル線は…」とか言うけど、結構乗っているところも多い。
まだ公共交通を選択している人がいる、つなぎとめられている、その理由と現状への不満点を検証し、様々な実験をし効果測定をすべきであり、その地域にとっての車と公共交通、自家交通(特に徒歩、自転車)の最も効率的な配分を達成すべきであろう。

色々なことを考えながら旅をするのは、やはり楽しい。
遅れもなく、無事東京に到着した。




→今回の旅の目次に戻る

5・6日目 行程
1月16日(金)~17日(土)
新山口  0738
    3541M↓山陽本線
下関   0846
 〃   0855
    856D↓山陽本線・山陰本線
小串   0939
 〃   0946
    964D↓山陰本線
特牛   1015

特牛駅  1032
      ↓ブルーライン交通バス
瀬崎公園 1050
 〃   1103
      ↓ブルーライン交通バス
特牛駅  1126

特牛   1153
    826D↓山陰本線
      ↓快速みすヾ潮彩1号
長門市  1236
 〃   1239
    1570D↓山陰本線
益田   1428
 〃   1455
    352D↓山陰本線
浜田   1547
 〃   1550
    332D↓山陰本線
出雲市  1818
 〃   1855
    4032M↓山陰本線・伯備線
    5032M↓山陽本線・東海道本線
東京   0708
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ちばらきに向かって~りんかい線にも乗っちゃう~
- 2010/02/01(Mon) -
昨日、1月31日日曜日の午前11時。
「勝田から出てるローカル線に乗りにいかね?」と親父に誘われた。
恐らくいい旅夢気分とかなんかの地方で頑張るローカル線みたいな番組に感化されたのであろう。
家でパジャマでパソコンに向かってキーボードを叩く私にはやや億劫な話だ。

「交通費出すから」

次の瞬間、パソコンの画面はJR東日本水戸支社の『ときわ路パス』案内画面に変わっていた。
ときわ路パス』。これは茨城県内のJR全線のみでなく、第三セクター・私鉄にまで乗り放題で大人2000円、しかも青春18きっぷと異なり、特急料金を払えば特急に乗れちゃう☆という、土休日に茨城に行くなら必携の切符なのだ。詳細はリンク参照。

しかし水戸支社企画の切符なので、その管轄の駅でないと買えないんだゼ☆
ということで10分でジーパンに履き替えて出発。北柏から乗ってまずは取手で降りる。

取手のマルス券売機でときわ路パスを選択。
日付選択画面に表示されたのは、「本日」のところが薄らグレーと化した画面だった。
わかりやすく言うと、利用期間は2月からだった。

その瞬間、いわゆる旅の気分は一気に萎えた。
帰りに水戸線から下館→関東鉄道でかえろっかな的な野望もあったのでその萎え方は異常であった

とりあえず目の前にあったスタバに入った。
動機はよく覚えていない。



一人で来ていたなら即帰ったであろうが、まあタダなので父もいることなので、どこかには行こうということに。
折角休日なのでホリデーパスを使うことにした。

ホリデーパス』。これは2300円で首都圏の規定エリア内乗り放題。詳細はリンク参照。

この時点で12時半。千葉あたりを回ることにした。
現在地が取手なので、とりあえず成田に出ないと始まらない。

取手1255→我孫子1316→1358成田


成田線内で大まかな計画を立てる。何回も乗ってるので充分乗り飽きている。
下総松崎あたりで、成田新高速鉄道の大きな高架が見えた。建設中っていう感じはなく、架線も見えたし、もう出来てるね。

空港に行ってもしょうがないし、佐原側はエリア外なので、エアポート快速の佐倉方面に乗り換え。さらに佐倉で乗り換え。

100201a.jpg
成田1414→1427佐倉1432→1457成東

成東に到着。
100201b.jpg
東京から70キロ台で、こののどかさ。
100201c.jpg

駅周辺に驚くほど何もない。
陽が傾いてきた。


ここから銚子方面もエリア外なので、初めて乗る東金線へ。
東金線は地方交通線です。

ていうかエリア狭いなぁこの切符。

成東1536→1557大網

大網駅は線路の分岐点のちょっと先に駅があるため、乗り換えるホームが少し距離が離れてます。
ホームが曲がっているので、列車停車中、車内は軽く傾いてます。
外房線で千葉方面へ。

大網1601→1619蘇我

蘇我で降りてみる。
100201d.jpg

ここから京葉線に乗ろうかと思って降りたが、やっぱり千葉駅へ。

蘇我1632→1639千葉

偶然駅弁祭りをやっていて、万葉軒のやきはま丼ゲット。
詳しくは下で実食レポート。

することもないので総武線各駅に乗る。
このまま帰るのもなんかもったいないので、乗ったことのないりんかい線に乗ることに。
ホリデーパスはりんかい線にも乗れるんだゼ☆

千葉1652→西船橋1718→1723南船橋1730快→1748新木場

新線のサインシステム(看板)のデザインってのは、建設された当時の流行を反映してることが多い。
ここもその例にもれず、90年代流行りの、黒地に白抜きの小さい文字。
そのあと、ベースカラーがカラフルになって文字が大きくなる。
100201e.jpg

ゆりかもめとかも似たようなデザイン。
そのちょっと前のアストラムラインはこんな感じ


新木場1750→1802品川シーサイド

変な駅名があったから、降りてみる。
100201f.jpg
古いイオンのショッピングセンターがあった。
フードコートで軽く飯を食う。
ものすごい混雑だった。タワーマンションとかも多いし、需要を吸収しきれていないのだろうか。ニューファミリーが多かった。

折角なので終点まで行く。

品川シーサイド1902→1908大崎

日曜夜のオフィス街はひっそりとしていた。
この駅も、湘南新宿ラインとこのりんかい線の影響でだいぶ変わったのだろう。

さてお家に帰ります。
新木場から武蔵野線直通に乗る。さすがに疲れた。座れて爆睡。

大崎1925→1944新木場1949→2024新松戸2030→2040北柏

疲労があって寝てしまいたかった。だが!重要なミッションが存在していたのである。
クソ重い陶器の入れ物に入った千葉の弁当が存在を主張しているのである。
消費期限は22時。その前に弁当を食わねばならない。

やきはま丼(1100円)
100201g.jpg
こんな感じでハマグリの形をしたクソ重い陶器の入れ物に入ってるヨ☆


オープーン!!!
100201h.jpg

おぉ!!

焼蛤串、蛤の白焼、そして煮蛤と、一度に三種の味が楽しめます。
ご飯は牛蒡の炊き込みご飯となり、三種の蛤ともよく合います。
万葉軒ホームページに代弁していただきました)

いや実際、うまいです。
焼き蛤と白焼きが両方うまい。食べ比べが楽しい。

注意しなければならないのは、似た名前の駅弁「やきはま弁当」と間違えないようにすること。
割り箸をもらうのを忘れないようにすること。
あと、容器がクソ重い陶器であることです。



どうもありがとうございました。
この記事のURL | 近所へおでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。