2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新宿南口の電光掲示板
- 2005/11/28(Mon) -
今日はフライング更新。久々にマニアックな内容です。
毎日マニアックなことばっかり書いてるだろ、というツッコミは無しでお願いします。


さて、新宿駅南口改札上の電光掲示板。ここは全面7色高輝度LEDを採用した最新型です。以前から気になっていたので、見に行ってきました。ほんとは、昨日の帰りですけど。
これはおそらくJR東日本のロケテストのようなものだと思います。反響がよければ、次第に主要駅に普及するでしょう。

1128rra.jpg
いやしかし、見やすいですねぇ。一瞬、これが電光掲示板であることを忘れてしまいそうになります。
なんといっても白の発色がきれい。文字の視認性も抜群です。
フォントは、日本語が新ゴシック系、英語がTahoma系を使用しているようです。

1128rrb.jpg
こちらを見ていただいても美しさがわかります。
グリーンやオレンジは以前も表示できましたが、この鮮やかな発色は不可能でした。
高解像度なところも魅力のひとつです。

実際良く見ると、そこまで「ゼイタク仕様」ではないようです。
高解像度といっても、LEDの数自体はそこまで多くないようですので、やはり先述のように、量産前のテストといえるでしょう。まったく同じ表示デバイスが、各駅に展開されるのが楽しみです。
デバイスの厚みは以前のものに比べると多少増しますが、充分設置可能だと思われます。


ここまで読んでいただいてもその魅力がわからない方に、以前のものと比較してほしいと思います。
上が以前のもの、そして下が新型です。
1128rrd.jpg
1128rrc.jpg
以前のものは、「オレンジ」「黄緑」「赤」しか表示できませんでした。白が表示できなかったのです。表示の明るさが格段に低いうえ、劣化が早く、発色にムラが出てしまっています。さらに、解像度も低いので、漢字などを表現することは難しく、視認性ははるかに低いものでした。
それに対して新型は、7色で表示でき、強い明るさと高い解像度で漢字も時刻も見やすくなりました。明るさによって表示板自体の存在感も高めることができ、案内板としての役割を演じる上で非常に重要な技術革新といえます。


“光りもの”は、鉄オタにも魅力的なんです。


※画像を再アップロードしました。(06.02.13)
スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<つくばエクスプレス沿線百景 | メイン | 総武流山電鉄で晩秋の癒しを>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/11/28 22:16  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/114-94fae822
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。