2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
flacでPSG
- 2005/12/28(Wed) -
クソまじめな事を書いた次の日は、マニアックなことを書くと決めてます。(適当)

私はゲーム音楽が大好きです。
でも私はゲームはあまりやりません。むしろコレクターです。

それに、最近のゲーム音楽にはあまり興味を示しません。

そう、私は、電子音マニアなのです!
私の好きな言葉は「制約下の芸術」

昔のゲーム音楽なんかはまさにそうです。
たとえばファミコンならば、同時に発音できるパートはPSG(ピコピコ音)3音とノイズ1音のみ。
簡単に言えば、3人のオーケストラです。
ファイナルファンタジーIIIの戦闘音楽(『バトル1』作曲:植松伸夫)なんて、ドラム代わりにノイズで済ましてます。「ブツッ、ブツッ」この音でビートを刻んじゃってるわけです。

たった3音では、簡単に言えば和音を流したらそれでおしまいになってしまうということを暗に示しています。メロディーがつけられないわけです。
これでは曲になりませんね。


この厳しい制約のもと、どれだけ表現力を出せるかが焦点になりました。

ファミコンの発売が1983年。ファミコンが日本中に普及し、1980年代後半から1990年代前半なってからは、作曲家やサウンドプログラマーの皆さんは約10年の経験を生かして、ファミコンの性能を知り尽くし、最大限の表現力を手に入れたのです。


具体的に言うと。

まず、先述のようにファミコンには3つのパートしか存在しない。
しかし1つのパートに1つの楽器では、曲が表現し切れません。

そこで、1つのパートに、2つ、あるいは3つの楽器を担当させるのです。
簡単に言えば、たとえばソプラノの人に、バリトンとバスも歌ってくれ、という感じなのです。
ケミストリーをカラオケで一人で歌うのに似ています。(えー)
いやむしろ、ボイスパーカッションをやりながらボーカルもやっちゃう感じです。


ファミコンは確かに「同時発音パート数」に制限はありますが、制限はそれだけで(実際は制限だらけだが、わかりやすくするため)、ひとつのパートにかなり無理をさせてもかまわないのです。
だから、ベースをやりながら主旋律をやるとか、ドラムをやりながらガイドメロディをやったりとか。


その「詰め込み技術」で、だいぶ表現力が増しました。



いくつか名曲をご紹介しましょう。

☆ファミコン版『星のカービィ 夢の泉の物語』作曲:安藤浩和
全体的にいい曲ばかりなのですが、サントラがプレミア価格で入手できないよー。10000円位します。でも買っちゃうかも。ウフフ。(かなり頭がおかしくなっていると思われる)
技術を感じるのは、サウンドテストでの番号『11』『1B』『0E』など。
著作権の関係でデータを紹介することは出来ませんが、ゲームソフトをもっている方は聴いてみてくださいね。
重要なことですが、あくまでファミコン版ですからね。ゲームボーイアドバンス版はひどいですので。

☆ゲームギア『GGアレスタ』『GGアレスタII』作曲者不明
ゲームギアはファミコンより多少環境は良いです(サンプリングやエコーなどが可能)。でもほぼ同レベル。
このシリーズは全体的に名曲。特に『GGアレスタ』では『01』『08』、『GGアレスタII』では『03』『11』が秀逸です。

☆ファミコン版『ドラゴンクエストII』作曲:すぎやまこういち
何といっても『Love song探して』これ以外にないです。ちなみにふっかつのじゅもん入力時の音楽です。



これらのピコピコ音を、オーディオプレーヤーで聴くのが最近のマイブーム。
しかもエンコードはflacで。flacは可逆圧縮のマニアックなエンコードタイプです。ファイルサイズが大きい代わりに音質に劣化がありません。
ファミコン曲なら1曲あたり10MBくらいですかね。

ちなみに、ドラゴンクエストは64KBでしたよ。サウンドもグラフィックもプログラムもすべて含めたゲーム丸ごとのサイズが。

10MB=10240KBですから、
ファミコンの曲1曲に、ファミコンソフト160本分のデータを贅沢に使ってるわけです!


無駄でしょう!ああ無駄ですよ。
これが、男のロマンという奴なんですよ。(えー)
スポンサーサイト
この記事のURL | デジタル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<0泊3日32時間列車乗りっぱなしの旅 | メイン | 羽越本線脱線事故>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/144-4fc3528b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。