2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
0泊3日32時間列車乗りっぱなしの旅
- 2006/01/20(Fri) -
1月19日午後10時。私のテンションはそれはそれは凄まじく高いものであったという。
歩くスピードが約1.5倍(当社比)の私はTXで秋葉原に到着すると、すぐさま大崎行きの山手線に乗って、東京を目指した。

0120_a.jpg
とりあえず、基本のムーンライトながらに乗車する。これから32時間、ほぼ休みなしで列車に乗りっぱなしの旅が始まる。

0120_b.jpg
熱海の次、函南駅からJR東海のエリアに入る。写真は沼津駅だが、やはりJR東海の駅は悪い意味で寂しい感じがして嫌いだ。

0120_c.jpg
ムーンライトながらは浜松、豊橋でそれぞれ30分ほど停車する。この時間で、初めて外に出てみることにした。

0120_d.jpg
別に何があるわけでもない。深夜にあるのはコンビニだけ。ファミマのフライドチキンでも食おうかな。

0120_e.jpg0120_f.jpg
しかしそこにはチキンどころか、コロッケもポテトもない。いや、おでんボックスも奇跡のように何も入っていない。さらに、肉まんもなければあんまんもなく、ピザまんもないのだった。
なんて悔しいんだろう。…別にチキンが食いたいわけではなかった。ただ悔しい。むかつく。それだけなのだ。

0120_g.jpg
サンライズの上りが止まっているのが見えた。運転手交代か何かだろう。ちなみにドアは開きません。なので時刻表では通過扱いになっている。

0120_h.jpg
豊橋に到着。30分間で、やることはひとつ。

0120_i.jpg
ファミマ発見。

0120_j.jpg
やっぱりチキンはなかったが、「極旨チャーシューまん」が売っていた。190円と少々お高いが、チャーシューたっぷり肉汁たっぷりでおいしいよ。
気が済んだ私は再びながらへ乗り込んだ。

0120_k.jpg
大垣到着直前でやっと日が昇った。山々が美しい。関が原が近い。この辺ですでに少しだけ雪が積もっていた。
米原で新快速に乗り換える。平日のラッシュアワーなのですごい混雑だ。何とか座れたが、姫路まで2時間半程度乗る。疲れそうだ。

0120_l.jpg
途中6分遅れた。おい待ってくれよ。姫路で姫新線の接続は5分しかないんですよ。乗り遅れたら代わりの電車なんてないんですよ。
新快速はもともとギリギリのダイヤで、時速130kmに至る急加速と急制動でぶっ飛ばす。こんなんで回復運転をしても、結局3分しか縮めることは出来なかった。
事故があったとはいえ、この辺は譲れないのだろう、JR西日本。こんなんじゃ事故が起きてもおかしくないわ。

0120_m.jpg
何とか乗り換え成功!!一気にスピードダウンの姫新線へ。あっという間にローカル線ワールドへ引き込まれる。

0120_n.jpg
天気は悪い予想だったのだが、晴れた。のんびりとした旅が続く。

0120_o.jpg
途中「三日月」という珍しい名前の駅があった。いいなぁ、こういうの。定期自慢できそう。

0120_p.jpg
佐用(さよ)に到着。ここで15分ある。せっかくなのに外に出る。ここは智頭急行との乗換駅だ。智頭急行は大阪から鳥取へのアクセスを一気に縮めた比較的新しい路線。イメージとしては北越急行に似てるかも??
外はコンビニも見当たらないほど寂れた駅だが、駄菓子屋兼パン屋兼食料品店でアンパンを購入。適当にジュースを買おうと冷蔵庫の扉を開くと……チェリオ出たーーーー!!ていうかチェリオしかねぇーーーー!!!しかし奇跡のチェリオ占有状況を無視し、普通のジュースを買いました。

0120_r.jpg
普通のジュースじゃねぇー!ダイドーの夕張メロンミルク。でも美味いんだこれが。まあ奇跡の乳脂肪分総分離マジックが展開されてるけどね。

0120_q.jpg
さあ津山行きが発車するよ。レールバスの車両になりました。
…うつらうつらしているうちに、津山に到着するが、雪はまだ見えない。同じ車両で新見へ。

0120_s.jpg
新見に到着。この2,3行で佐用から新見まであっという間に着いたように見えるかもしれませんが、実際は2時間40分かかってるんです。そこんとこヨロシク
新見はびっくりするほど寂れているように見えた。でも古い町並みが残り、美しかった。鉄道でも主要駅で、伯備線、姫新線、芸備線が乗り入れる。

0120_t.jpg
小さな弁当屋で、とりめし弁当を食った。温かいご飯が身にしみる。人のいない寒いホームで一人で食った。「電車を待ちながら弁当でも食う」この瞬間がたまらなく好き。普段乗る電車の本数が多いということは、ホームにいられる時間が限りなく短いことを示す。ホームが通過点、こんな日常のほうが私は寂しいと思う。

0120_u.jpg
ここからちょっとだけ特急やくもに乗る。青春18きっぷの裏技、ワープというやつだ。1300円払って30分間だけ乗る。車内は思ったより空いていた。電車なので快適だった。

0120_v.jpg
生山に到着。この2つ3つ前の駅から雪が目立ち始めた。いよいよこの旅の目的、『雪を見る』が達成されようとしている。降ってはいなかったのでちょっと残念だが。

0120_w.jpg0120_x.jpg
生山駅から徒歩10分で、「石霞渓(せっかけい)」に到着。
シャープなラインを持つ奇岩の隙間から木々が生える。その下を流れる渓流。ここは紅葉の名所だというので、今の時期に来ている観光客は私以外にいなかった。それでも美しさは充分で、壮大な風景を独り占めできて幸せな瞬間だ。
右の写真は伯備線の鉄橋だ。どうせ電車は通らないだろうと最初からあきらめてすぐその場を立ち去ると30秒後。紫色の特急スーパーやくもがスーーーッと通り過ぎた。また妙に悔しかった。撮影できない悔しさよりも、自分の予想が外れた悔しさだった。
駅に戻り、いよいよ今回の旅最後のローカル線に乗る。
乗客はほとんどいなかったが、根雨(ねう)駅で高校生がたくさん乗ってきた。どこを旅しても、ローカル線の乗客の主役は高校生だ。彼らが車の免許を取って、やがて鉄道から離れていくことを考えると、悲しくなる。

0120_y.jpg0120_z.jpg
安来(やすぎ)に着くころにはもう真っ暗。安来はその名の通り「安来節(やすぎぶし)」で有名だ。詳しくは知らないが「どじょうすくい」が関係あるのは知っている。駅前にお約束のパネルがあった。ギャグで記念撮影でもしようかと思ったが、シャッターを押してもらう人が誰もいなかった(笑
サンライズの到着を待つ間に、食料の買出しを。とりあえずまだ夕方6時半なのでスーパーは開いているだろう。

0120_za.jpg
閉まってた。
もうひとつのスーパーへ。

0120_zb.jpg
大規模小売店らしい。何とか開いていた。
しかし店内は薄汚く、面積はコンビニの3倍程度。時代を感じさせる。
さらに、奇跡の品揃え(の悪さ)。閉店放送をラジカセで流してました。
コンビニのありがたみを感じた山陰の冬。

0120_zc.jpg
さて駅に戻る。この安来駅。人がいない。気配すらない。一応有人駅のはずだが。
何と駅員は18時に帰ってしまうようだ。何てことだろう。
こんな駅に寝台特急サンライズが停まってくれるのだろうか。何かすんごい心配になってきた。ホームに普通貼ってあるはずの「○号車の乗り場はこちら」みたいなステッカーも一切ない。しかもここでサンライズに乗る乗客は俺一人。
しばらくして、サンライズが来た。放送も表示も何にもない。
私は祈っていた。『とまってくれぇ~~』そしてサンライズは止まって、ドアを開けてくれた。しかし停車時間は約10秒。スリルあり過ぎだって。

0120_zd.jpg
これで3回目になるのかな。サンライズ乗車は。しかし相変わらず居心地が良いね。パジャマに着替えて超リラックス。
しばらくして、先ほど途中下車した生山で列車待ち合わせ。何か生山という駅に愛着がわいてたので妙に感動してしまった。でも夜なので真っ暗だ。同じサンライズでも、東京から下ってくれば、ちょうど朝に伯備線の美しい風景が楽しめるだろうなぁ、と思った。

電気を消すと、曇りのはずなのに星空が見えた。
普段の電車は、夜でも煌々と明かりがついているのが当たり前だから、外の風景は真っ暗闇でしかない。しかし個室では当然のように自由に明かりを落とすことができる。だから外の微量の明かりもよく見えるのだ。もし晴れていたら、ものすごく綺麗な星空なのだろう。

0120_ze.jpg
朝起きたら、東京は雪だった。思えば最初にサンライズに乗ったときも、東京が雪だった気がする。何かの因果関係でもあるのかな。
夢のような旅が、あっという間に終わった。


今回の旅行
クリックで拡大
柏の葉キャンパス2229―つくばエクスプレス→2302秋葉原→東京2343―東海道線夜行快速ムーンライトながら―323浜松357―422豊橋456→653大垣700―東海道線→734米原736―東海道線・山陽線新快速→1000姫路1005―姫新線→1040播磨新宮1045―姫新線→1119佐用1134―姫新線→1238津山1241―姫新線→1414新見1528―伯備線→1558生山1710―伯備線・山陰本線→1822安来1952―山陰本線・伯備線・山陽線・東海道線寝台特急サンライズ出雲→708東京→秋葉原724―つくばエクスプレス→754柏の葉キャンパス

千葉県→埼玉県→東京都→神奈川県→静岡県→愛知県→岐阜県→滋賀県→京都府→大阪府→兵庫県→岡山県→鳥取県→島根県→鳥取県→岡山県→兵庫県→大阪府→京都府→滋賀県→岐阜県→愛知県→静岡県→神奈川県→東京都→埼玉県→千葉県

今回の交通費
乗車券(秋葉原→横浜) 540円
青春18きっぷ(1回分) 2,300円
指定券(ムーンライトながら) 310円
乗車券(新見→生山) 570円
自由席特急券(新見→生山) 730円
乗車券(安来→東京都区内)学割 9,070円
B寝台特急券(安来→東京、ソロ) 9,450円
合計 22,970円
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<伯備線で事故 | メイン | flacでPSG>>
コメント
- 冬の18きっぷいいですねぇ -

夏以外は期間が短くてなかなか使う勇気が無いです.

豊橋のファミマは3年前はローソンだったな.
夏は豊橋からうすら明るくなるね.

3月,学年の旅行でサンライズ出雲で玉造温泉に行きます.もちろん私の趣味です(笑)
2006/01/22 23:22  | URL | くろべえ #C6fZcuFU[ 編集] |  ▲ top

- -

コメントありがとうございます。
ながらの途中下車はくろべえさんの旅行記にだいぶインスパイヤされました(笑)
サンライズで学年旅行!いいですねぇ。サンライズは一人の旅行にも良いですが、複数人数でも楽しそうです。ミニサロンもついてますしね。
2006/01/23 01:47  | URL | Namtul #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/166-422fbe8c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。