2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夜の浅草・東武鉄道
- 2006/04/29(Sat) -
昨日の19:30。7限休講の知らせを聞いた。
このまま帰るのもいいのだが、何となくもったいない気がする。

そういえば最近、忙しくて寄り道とかしてない。


…とか言いつつも、結局秋葉原からいつものTXに乗り込んでいた。
やっぱり普通に帰るか……





……


降りたーーーーーー!!


こうして夜の浅草を一人で散策することが決まった。

もともとTXの浅草駅は、東武や地下鉄の駅とはだいぶ離れている。
だから仮称は「新浅草」駅だった。
でも浅草を目指す観光客に、少しでもTXを使って欲しいという願いがあったのだろう。特に秋葉原というもうひとつの観光地に直結するTXにとって、それは顕著なものだった。
そんなチャンスを、「新」とかいうたった一文字の余計な漢字のせいで崩したくは無かったのだ。「新」がつくと、浅草から少し離れている、というイメージがつくからね。


「新」浅草駅のA1出口を出れば、演芸ホールのまん前。


浅草寺へは、東武や地下鉄の浅草駅のほうが近いですが、TXの浅草は、浅草六区のあたり。また違った浅草のエリアに直結していていいかもしれません。

これは伝法院通り。ほとんどの店は閉まっている。

しばらく歩くと、仲見世に出た。

雷門。


東武線に乗る。

このネオン、いつも思うんだが、なぜ『東武電車』なのか。『東武鉄道』じゃないのか。

構内に入ると、新しい案内システムが。なんとカラーモニターに時刻や停車駅などが表示されている。

でもね、もう少し時刻の数字を大きくしたりしてメリハリをつけたデザインにしないとだめだな、埋もれている。


ところで東武浅草駅は、急カーブで有名ですね。(参考サイト)

地図を見てください。(クリックで拡大します。)

ほとんど川と平行して存在する駅を出た電車が、すぐ川を渡るのです。ということは、急カーブで方向転換しないとだめだということなんです。
だからこの駅は、構内で時速15km制限がかけられています。

ホームの先端まで行くと、この曲がり方。

上には危険を示す看板が。


先頭ではこの隙間。ホームの細さには驚かされる。50センチくらいかなぁ?


そして電車はゆっくり発車しました。

やがて北千住へ。
この駅から発車する伊勢崎線の列車は多く、平日9時台の下りは一時間になんと34本!!
(クリックで拡大します。)


ここでなんとなく、各駅停車に乗り換え。
一駅だけ乗って、降ります。

小菅(こすげ)駅。

ここの目の前には、つい最近までホリエモンがいた「東京拘置所」があります。

暗闇に浮かぶその姿は不気味。


おとなしく北千住に戻り、TXで帰りましたとさ。

人形焼と雷おこし、おいしいです。




今日の行程
御茶ノ水1934―総武線各駅停車→1936秋葉原1945―つくばエクスプレス→1950浅草…浅草散策…東武浅草2022―東武伊勢崎線区間急行→2024業平橋2034―東武伊勢崎線区間急行→2036曳船2037―東武伊勢崎線急行→2043北千住2051―東武伊勢崎線普通→2053小菅2100―東武伊勢崎線普通→2102北千住2111―つくばエクスプレス快速→2121南流山2124―つくばエクスプレス普通→2133柏の葉

今日の旅費
東武浅草→北千住 190円
人形焼(10個入り) 500円
雷おこし 200円
合計 890円
スポンサーサイト
この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<消え行く名工 | メイン | 東関東再発見!日帰り旅行>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/220-fe8721dd
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。