2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
瀬戸内・奥出雲旅行記~その2
- 2007/11/12(Mon) -
その1から読んでね

10月30日(火)

ホテルを朝5時にチェックアウト。
真っ暗な中を、初乗り410円のタクシーで駅へ。

07103101.jpg
始発マリンライナーで岡山へ。

チェックアウト時に「朝食が出せない代わりに…」とくれたサンドイッチを食べる。
やたら豪華でしたよ。朝5時にチェックアウトする迷惑な客にも優しい、良いホテルでした。

岡山から山陽線で倉敷方面へ。
通勤客が増えてきた。

さて、今回は
07103102.jpg
こんな感じに切符を区切っています。
高松から奥出雲を通ると、東京まで一筆書きできないので、高松から2日間有効になるギリギリ短い距離(100km以上)で切符を区切ったわけです。
だから笠岡って言う駅は知らない駅だし、降りる必要もないんです。
07103103.jpg
ちなみにカブトガニで有名だそうですよ。







07103104.jpg








…あれ?







07103104.jpg
行ってしまいました。

次の列車を待った結果、福山で怒涛の乗り換えに。4分接続。

福塩線へ。
途中「府中」と言う駅までは電化されてます。通学の高校生ですし詰め状態。
短い駅間でポツポツ乗客を拾っていく姿は、まるでバスみたいです。


府中で乗換え。
京王線みたいな駅名ですが、
07103105.jpg
一両ディーゼルカーですから☆


ここから一気に乗客は減り、ローカル線モード全開。
07103106.jpg
山深くなってきた。

07103107.jpg
1時間30分後、塩町駅で下車。

のどかな駅前。
07103108.jpg
駅前の商店でお菓子を買ってみた。
渡す商品全てに「これいくらだったっけ」と客である私に問うおばあちゃん。

平和だ…


芸備線、備後落合行きに乗り換え。

福塩線も芸備線も、山あいを進むからかカーブが多い。
速度制限20km/h当たり前。

じっくり、確かめるように進んでいく。
07103109.jpg
雲が取れてきた。


備後落合へ到着。
07103110.jpg
静かな駅。


07103111.jpg
木次線のと乗継駅…なんだけどこの本数だから、人の気配はありません。


駅前にコンビニがないことは覚悟していたが、自動販売機すらないのには驚きました。
07103112.jpg
時が経つのを忘れさせてくれる。


1時間後、トロッコ列車がやってきた。
07103113.jpg
木次線トロッコ列車「奥出雲おろち号」。
途中木次までを、2時間半かけてゆっくり進む。

07103114.jpg
窓が取り去られたトロッコ車両。

07103115.jpg
木で出来た座席。平日で空いていたので、ゆったり座れた。

07103116.jpg
車内は神話になぞらえたイラストとおしゃれな照明が。

07103117.jpg
走り出すとものすごい風と落ち葉が舞い込む。爽快!!
山々もだいぶ色づいているようだ。

木次線は出雲の神話にあわせて、駅に別名があるんです。
07103118.jpg
三井野原駅はなんと「高天原」!!
駅前のビニールハウスが神々しく見える。(やや無理をして)


三井野原を発車するとまもなく「奥出雲おろちループ」を一望するエリアへ。
トンネルを抜けると三井野大橋。
07103119.jpg
(クリックで壁紙サイズ)

そしておろちループ。高低差を解消するためのループ橋。
07103120.jpg
(クリックで壁紙サイズ)

しばらくすると鉄道も難所越え。
3段式スイッチバック。
07103121.jpg
今走っているのが一番高い線路。これからもう少し進んで折り返して、写真真ん中の線路へ。
さらに進んで折り返し、一番下の線路に行きます。

07103122.jpg
到着した出雲坂根駅は標高564m、三井野原は731mだそうです。


さてこの駅、おいしい水が湧き出ていると言います。
何でも「延命水」と呼ばれるとか。

飲んでみようかな…



……
07103123.jpg

何で便所に…。

一気に飲む気をなくして、車内へ。
07103124.jpg
反対側からは備後落合行きの車両が発車していきました。


しばらくしてこちらも発車しました。

トンネルに入ると
07103125.jpg
車内でこんなイルミネーションが見れますよ。ヤマタノオロチ。


出雲三成に到着。
ここで、待望の食事タイムダァァァァァ!!!
07103126.jpg
予約しておいた「仁多牛べんとう」

地物の仁多米と仁多牛を100%使用した弁当。

「熱いから気をつけて」といわれた弁当、開封☆
07103127.jpg
うは!!

これはやばい。思わず壁紙にしてしまいそうなほどやばい。

感想はとにかく『輝いている』。
肉が輝いている。七色に輝く控えめな油分はすっと溶けてまろやかでコクがある。旨みが濃い良質の肉だ。
タマネギが輝く。大きく切られているが柔らかく、味がしっかりしみこんでいる。
輝く糸こんのような物はくずきりだった。粉山椒の香りも良く合う。
やっぱりうまいご飯。輝く一粒一粒を味わった。
とにかくタレの染みたメシが旨くてたまらない。

掛け紙や容器は簡単なもの。弁当はやはり中身である。
この超レアな駅弁は、ぜひ予約してどうぞ。


食べ終わった頃に、木次駅に到着した。
07103128.jpg

かわいい石碑。
07103129.jpg

ここから宍道まで上る。
スムーズな接続で、松江にはあっという間に到着。
07103130.jpg
お土産を物色する。

特急やくもで岡山へ。
07103131.jpg
空いていて熟睡できた。

岡山に戻ってきた。流石ターミナル駅。
07103132.jpg
賑やかだった。


07103133.jpg
夢のような時間が、あっという間に幕を引いた。



10/30行程表

児島   518
   3122M↓
岡山   547
 〃   551
   333M↓
笠岡   633
 〃   701
   335M↓
福山   715
 〃   719
   227M↓
府中   803
 〃   817
   1725D↓
塩町   947
 〃  1018
   354D↓
備後落合1121
 〃  1229
   8422↓奥出雲おろち号
木次  1453
 〃  1511
   1454D↓
宍道  1545
 〃  1549
   3454D↓快速アクアライナー
松江  1608
 〃  1655
   1036M↓特急やくも26号
岡山  1930
 〃  2009
    50A↓
東京  2329


旅行費合計 約65,000円
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<トラブル続きの副都心線 | メイン | 瀬戸内・奥出雲旅行記~その1>>
コメント
- -

流石社会人、旅費の桁が変わりましたな。

今度は一緒にどこか行こう。月火か火水なら連休取れるので、あまり遠すぎないところへ、、、
2007/11/12 23:08  | URL | 闇 #4A6q7cVk[ 編集] |  ▲ top

- -

>闇
金より時間のほうが大事だもんなw

またみんなで旅に行きたいねー
2007/11/17 23:57  | URL | Namtul #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/322-e5f3f77b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。