2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
青春18きっぷで行く、福島・新潟・富山・長野 3日目
- 2008/08/24(Sun) -
2日目はこちらをクリック

8月9日、土曜日。

富山を8:19に出発。
空いている車内でまどろみながら、糸魚川まで戻ります。



米どころ富山県内の田んぼも見納め。


糸魚川に到着。


糸魚川に降り立つのは久しぶり。
でも個人的にすごく好きな駅。



こんな感じで

大きな地図で見る
海がすぐそばです。


でも駅前の商店街とかは普通な感じ。
特に栄えている様子もありません。(失礼)



海の前に展望台が出来てた。


だーーーーーーっと海。

180°見渡す水平線。


何も考えずにただ
消波ブロックに打ち寄せる穏やかな波を見る。


糸魚川は北陸線と大糸線の乗換駅であるなど、ちょっとしたターミナルなのですが
駅周辺の商店街の雰囲気も慎ましやか。
そして徒歩3分であの海。
別に景勝地があるわけでもないんですが、
何度でも行きたくなるところなんです。

ということで駅に戻ります。

初めて糸魚川から大糸線に乗ります。
キハ52という年季の入った車両です。

乗ってみると、既にボックス席は埋まっていました。

観光客が殆ど。

糸魚川市街をすぐに抜け、山に突入。


トンネルも多いエリアです。



1時間ほどで南小谷に着きます。
手動のドアを開けて、乗換え。

ここからはJR東日本のエリアで、電化もされています。
反対側のホームには特急あずさが到着していました。

折り返しの糸魚川行きは、特急あずさから乗り換えたお客さんで超満員。

こちらの松本行きはそのあと発車。

沿線に湖がいくつかあります。


白馬で乗客が一気に増え、席が埋まる。
ハイキング客が多いのか、みんな大荷物だ。
年配の乗客が大声で会話しながら弁当の残りらしきものを食う。
臭いよ!臭いよ漬物が!
マナーが悪いです。

さて2両編成のこの電車はいよいよ信濃大町を過ぎ、穂高あたりで取り返しのつかない混雑に。
4両にしてください。お願いします。

日除けが一切ない窓から、頭に直射日光を浴びながら、松本が近づく。

入道雲。


やっと到着。

電車なので所要時間は短いほうだと思うのだが、いかんせん混んでたので長く感じた。


松本はターミナル駅。
中央線の西方向東方向、大糸線と篠ノ井線。更に私鉄もあります。
特急列車も名古屋・大阪方面、長野方面、新宿方面などとあり大変複雑です。

そんな中生まれたであろうこの電光掲示板。


上の2つの表示が交互に表示されます。
凄い!必要最低限の情報のみをシンプルに表示していて感動した。
首都圏でこういうものは見た事がありません。

乗客には色々いると思うんです。
目的地だけ知っていて、そこに行くには何線を使うのか。
次の列車はどこ行きで何分で何番線か。
全部知りたい人もいれば、時刻までは知ってるけど番線だけが分からない、そういう人もいる。
みんなに優しいですよね。このサイン。
そこがいい。


と、感動しながら篠ノ井線に乗り換えます。
3両。
ホームで適当にしゃがんでたらドアの目の前でラッキー。座れました。


長野行きに乗って、途中の「姨捨」駅で下車。おばすてと読みます。

到着してまず驚いた。

急に視界が開けた。
凄い眺め!


日本三大車窓のうちのひとつだそうです。


少し雲があって遠くの山々までは見渡せなかったが、それでも十分すぎる景観だ。

棚田や町並み、遠くの山々まで見えます。そして綺麗な空。

ホームが空に浮いてるんじゃないか、そんな錯覚さえ覚える。


案内板です。

ホームのベンチは全て線路と反対向き、綺麗な景色のほうを向いて設置されているんですよ。



大きな地図で見る
地図右上の「地形」ボタンをクリックしてみてください。
標高差が良く分かります。
駅付近の標高が約600m、下に広がる景色は標高約400mみたいですね。


あっという間に、松本へ戻る快速列車が来ました。



そうそう、駅舎も味があった。



松本には5分遅れで到着。
接続は11分となって、また慌しい。
飲み物だけ買ってホームを移動すると、ちょうど入線してきました。大月行き。
6両編成だったので、ボックスシートをひとつ占領。
足を伸ばして、爆睡モード。


外は曇り始めた。

帰る頃には降るだろうか。
…ていうか帰るまであと5時間以上もあるよ……


贅沢に空間を利用しながらまどろんでいると、途中駅で特急を待つ長蛇の列を見かける。
いつも思うのだが、こんな風に超リラックスしながら普通列車で5時間かけるのと、
きっぷ売り場で並びホームで並んだ上、やっと乗り込んでもほぼ満席で足も満足に伸ばせず、隣には他人が座って、でも所要時間は3時間。でも新宿止まりで、新宿での乗り換えは大変…
個人的には特急を選ぶ理由がないです。


甲府での写真。

暗くなった。



大月は19:47に到着。
ここで東京駅に乗り換えます。

10両編成はガラガラ。

最新型の液晶モニタに映る、ドアボタンの操作説明。


それにしても、時間になっても発車する気配がありません。

そう、中央線お得意の人身事故。

疲労しきった精神に、ダメージが。


44分も遅れて、西国分寺に到着です。
武蔵野線に乗り換えたのは、21:50。



帰宅は日付が変わる直前でした。

ていうか、別のプラン(終電ギリギリプラン)にしてたら
確実に家に帰れなかったね。

と、ほっと胸をなでおろしつつ、

結局雨を降らせなかった真っ暗な空に
旅行先のいろんな空を思い出していた。


~~~~~~


さて!
今回の旅行は、いろいろ溜まっていた行きたい場所を消化できた感じです。
1)乗ってないローカル線をいくつか!(磐越東線、只見線、大糸線)
2)地方私鉄を堪能する!(富山地方鉄道、万葉線)
3)路面電車の街づくりを見る!(富山ライトレール、万葉線)
4)行きたい駅に行く!(青海川、姨捨)


遠くに行った!っていう感じではないんですが、
色々周れて楽しかった!濃かった!






3日目 行程
8/9(土)

富山      0819
     北陸本線↓
       429M↓
糸魚川     0933
 〃      1043始発
      大糸線↓
       426D↓
南小谷     1143
 〃      1157始発
      大糸線↓
       328M↓
松本      1412
 〃      1426
     篠ノ井線↓
       1539M↓
姨捨      1507
 〃      1532
     篠ノ井線↓
       3526M↓快
松本      1623
 〃      1639始発
     中央本線↓
       444M↓
大月      1947
 〃      1952始発
      中央線↓
       2012M↓
西国分寺    2145(44分遅れ)
 〃      2150
     武蔵野線↓
新松戸     2246
 〃      2252
  常磐線各駅停車↓
北柏      2302
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<分割運賃で得をする | メイン | 青春18きっぷで行く、福島・新潟・富山・長野 2日目>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/350-2ca99b68
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。