2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
御茶ノ水~神田間、煉瓦造りの中央線を歩く
- 2008/10/28(Tue) -
学校最寄りの御茶ノ水から、つくばエクスプレスの始発の秋葉原まで
歩いています。
交通費がもったいないので。

聖橋を過ぎて、淡路坂を下ります。
0810281.jpg
御茶ノ水の駅直前で中央線と総武線が立体交差しています。
駅ホームの端のほうは、同じホームで中央線側と総武線側に段差があります。

構造上ホームが狭く、エスカレーターやエレベーターを設置することも出来ないので
バリアフリーという観点では山手線内最悪ですが、
神田川を目の前に見るロケーションは最高です。

建て替えの話はあるようなのですが…。


坂を下りきって、昌平橋のガードの手前にこんなお店があります。
0810282.jpg

明治時代に造られた煉瓦がそのまま残ったガードを活用し、
ガード下にレストランを4店舗オープンさせました。

人通りがあまり多くなく、御茶ノ水、神田、秋葉原全ての駅から少し離れているのがネックですが、
周辺にオフィスが多いので、お客さんは結構来ていましたよ。


0810283.jpg
写真右上にあるちょっとした石造りの構築物など
じっくり見ると面白い発見が出来ます。



0810284.jpg
落書きを苦労して消した跡がありました。
ただでさえ老朽化が進むこの煉瓦に落書きなんて…。


昌平橋から見ると、神田川側にテラス席があるのが分かります。
0810285.jpg


昌平橋を渡ると一気に電気街になります。
それにしても秋葉原の電気街は、密度がものすごく高い割に、
一歩外に出ると急に普通の街になるところが面白い。
スポンサーサイト
この記事のURL | 近所へおでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Word、通常フォントのみのチープな環境でPOPを作るコツ | メイン | SSDの普及に、ファミコンのディスクシステムを思い出す>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/427-8fedef4a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。