2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
山陽・山陰旅行記~まずは概要
- 2005/09/12(Mon) -
今回の行程(参考にしていただけると幸いです)

2004.9.6(火)~9.7(水)
東京23:43―ムーンライトながら→6:53大垣7:00→7:34米原7:36―新快速→8:28京都9:03―山陰本線→11:01福知山11:05―山陰本線→12:23城崎温泉12:54―山陰本線→13:51浜坂14:24―山陰本線→15:10鳥取(泊)

2004.9.8(木)
鳥取6:34―山陰本線快速とっとりライナー→7:21倉吉…倉吉駅7:41=日ノ丸自動車バス⇒8:16三徳山~~三徳山三佛寺参拝~~三徳山11:47=日ノ丸自動車バス⇒12:20倉吉駅…倉吉12:59―山陰本線快速とっとりライナー→13:40米子14:00―山陰本線→15:21出雲市15:28―山陰本線・山口線特急スーパーおき5号→18:54新山口19:13―山陽本線→20:20下関20:31―山陽本線→20:37門司20:51―鹿児島本線快速→22:05博多(泊)

2004.9.9(金)~9.10(土)
博多10:34―博多南線→10:44博多南11:29―博多南線→11:39博多11:46―鹿児島本線準快速→13:14門司港13:25―鹿児島本線→13:32門司13:42―山陽本線→13:49下関14:02―山陽本線→15:12新山口15:16―山陽本線(途中から快速通勤ライナー)→17:48広島18:08―呉線快速通勤ライナー→20:02三原20:29―山陽本線→22:01岡山22:32―寝台特急サンライズ瀬戸・出雲→7:08東京


今回使用したきっぷ…「青春18きっぷ」
 この切符を使えば全国のJR線が乗り放題となります。ただ、特急列車や新幹線などに乗ることはできません。あくまで普通列車・快速列車のみです。
 このきっぷは1人1日を1回とすると、1枚で5回使えるようになっていて、年齢を問わず価格は11500円です。5日間の旅行に出てもかまいませんし、日帰りの旅行を5回してもかまいません。つまり、連続した5日間でというのではなく、5回分だということです。ですから、2人で2日間の旅行をする際にも1枚でよいのです。その際は4回分使用することになります。ただ、2人は同一行程の旅行でなくてはいけません。応用すれば、例えば1泊2日の旅行を5人でする場合このきっぷ2枚のみでOKということになります。
 販売期間は春・夏・冬の長期休暇のあたりです。いつでも使えるわけではありません。また、きっぷの名前からよく誤解されるようですが、このきっぷに年齢制限はありません。
 このきっぷの良さはもちろんエリアが全国だということに尽きます。また、年齢制限がないのもポイント。5日連続と限定されていないことも良さのひとつといえるでしょう。ただ、特急がまったく使えないというのは大きいです。より遠くに旅行しようと思っても普通列車ではどうしても時間がかかってしまうので、旅行の計画が重要だということになります。

 1回分はすでに7月24日の旅行で使用済みでした。と言うことで今回は残り4回分あったわけですが、普通に考えて7.8.9の3回分しか使わないはず。しかし有効期限切れ間近に1回余ってしまうのもなんなので、6日に東京→横浜間で必要な1050円のきっぷ代わりに使いました。
 なんだかんだ言って土日きっぷとか普通のきっぷ、また北海道・東日本パスなどを使うことが多く、青春18きっぷを使った旅行は久しぶりでした。2年ぶりにムーンライトながらに乗ってみたいな、というのもありました。しかし計画をする時間があまりなく、途中で特急を使ったり、帰りはサンライズでまた結構な出費がありました。さらにトラブルにも見舞われ、散々な旅となりました。でもこれはこれで、とても楽しかったですね。


今回の交通費
青春18きっぷ(4回分) 9200円
ムーンライトながら指定券 310円
バス代往復 1340円
乗車券(出雲市→新山口)学割 3110円
自由席特急券(出雲市→新山口) 2310円
乗車券、特定特急券往復(博多⇔博多南) 580円
乗車券(岡山→東京都区内)学割 8250円
寝台特急券(岡山→東京)シングル 10500円
合計35600円

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<山陰・山陽旅行記~1日目・2日目 | メイン | 山陰・山陽旅行記>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/51-c78d8d3f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。