2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パワフルに房総旅行
- 2011/08/30(Tue) -
少し体調が良くなった事もあり、調子に乗って千葉県JR乗りつくしに出かける。
ちょうどいいきっぷが売っている。『パワフル×スマイルちばフリーパス』だ。窓口で口にするのは極めて恥ずかしい。指定席券売機の有り難みが感じられる。

1108301.jpg
▲これで千葉からは逃げられません


まずは久留里線へ。ラッシュを避けながら木更津へ向かうが、内房線で計算外の混雑。

何で千葉からの下りがこんな混雑?蘇我で降りる訳でもない。結局木更津まで混んでいた。

北柏537→547新松戸550→605西船橋609→632千葉638→718木更津

木更津での乗り換えはわずか3分。10両の2号車に乗ってしまい階段が遠いかな、と思いきや同じホームで助かった。通学客しかいない感じだったが4両だったので座れた。

1108302.jpg
▲久留里線は想像通りの車両。

終点の上総亀山までは1時間少々。JRのローカル線が次々とリゾート仕様になっていく昨今、だからこそ個人的には、生活感溢れる中に自然なレトロ感の期待できる久留里線は楽しみであった。

前もどこかで書いたが、『作られたレトロ』には興がさめる。国鉄色に塗り直すとか、古い車両に特別料金を科すとか、レトロ風駅舎に改築するとか、全く共感できない。確かに鉄道ファンの主年齢層を考えたり、逆に鉄道ファンでない団塊世代に鉄道旅行してもらうには、作ってでも郷愁を誘わずにはアピールが難しいのだろう。だが、我々の世代を無視しているようで腹が立つ。

横田でタブレット交換。てっきり窓から手を伸ばしてキャッチするものだと思い込んでいたが駅員が普通に渡していた。

久留里で高校生が降り、ガラガラに。発車すると車窓は渓谷に変わる。

終点上総亀山の近くにある亀山湖はダム湖である。折り返しが何せ16分しかなかったので、訪れることは出来ず残念。これを逃したら1時間半後であり、後の予定に響く。

1108303.jpg
▲終着駅の雰囲気を味わって帰る。

木更津721→830上総亀山

天気は雲量8ぐらいで晴れのようだ。車内は心地よく、うとうとしながら木更津へ。
木更津に着く頃には雲ひとつない快晴に。スムーズに千葉行きに乗り換える。

上総亀山846→950木更津956→1040千葉


疲れたので休憩がてら昼食。立ち食いそばのおばちゃんが、もう一人のオッサンとシフトの相談をしていた。接客時とオッサン時とで声の種類が違った。トーンが違ったとかいうレベルではない。別人だった。こういうのを声優さんというのだろう(ブログ炎上)

さて千葉12:10発のしおさい5号銚子行きに乗る。この列車は成東で普通列車になり、そのまま運行する。特急券は500円でOK。

成東から先は未乗区間。旭や銚子は津波被害が激しかったと聞くが、線路は海岸線からやや離れているためか、車窓からではわからなかった。

千葉1210―しおさい5号(成東から普通)→1331銚子


銚子で銚子電鉄に乗り換える。小学生の頃犬吠埼に行ったので、犬吠までは乗ったのだが、外川までひと駅残している。
フリーパスで乗れます。

1108304.jpg
▲桃太郎電鉄車両

車両は1両で激混み。席は埋まり、つり革も半数が埋まっていましたよ。夏休みとはいえ、正直ここまでとは思わなかった。
海鹿島(あしかじま)あたりで堆肥の強烈なニオイが。窓からがっつり流入。アテンダントのおねいさんが『キャベツ畑の準備なんです。キャベツがしっかり育つようにという事ですね。皆さんも育っちゃうかも知れませんね☆』と仰るが、正直イラッとしました。(炎上)

銚子1340→1400外川


1108305.jpg
▲聞いていた通り、外川は雰囲気のある駅舎だった

すぐに帰らず、外川港の方まで足を伸ばした。坂の町というだけあって、駅から港まで500mほどなのにすごい下り坂。
海を見ると少し波が高いようだ。台風が近づいているからであろう。
天気は少し曇りはじめた。

1108306.jpg
▲外川港


せっかくなので土産は銚子電鉄直営店にして、お金を直接入れたい。という事で外川駅からひとつだけ乗り、犬吠駅で下車。
銚子電鉄の名物ぬれ煎餅はそもそも、銚子が醤油の名産地(ヤマサ醤油・ヒゲタ醤油、知ってますよね?)であることに由来する。房総半島をぐるっとまわれば江戸なのだから地の利があったのだろう。
しかし柏市民としては野田のキッコーマンの方が身近である。高校の頃、野田市民は『蛇口が3つある、すなわち水・お湯・醤油』とか言われてたなぁ(炎上)
でも社会科見学で野田市駅に降り立つと、たちまち醤油の匂いがしたのは印象的だった。
佐倉は味噌、八街はピーナッツ。千葉は豆にまつわる名産が多いね。

外川1441→1444犬吠

1108307.jpg
▲バブル時の房総リゾートブームを象徴する駅舎。風化が進む

犬吠1512→1528銚子

そんなこんなで銚子に戻った。すると目の前に折り返し待ちのしおさいが。しかも旧タイプの車両。予定を変更して乗ります。900円散財。

1108308.jpg
▲バブル時の房総リゾートブームを象徴する車両。9両編成グリーン車つき

折り返しに1時間半はあるっぽいので、掃除に30分くらいかけていた。5分弱で掃除と座席転換を済ます東京駅の新幹線の掃除の人には信じられないだろう。その後に車内販売の積込が入る。とりあえず、東京駅はマジで修羅場なんで、さっさと降りて下さいね☆(炎上)
乗車して40分くらいたち発車時刻に。外は雨が降り出した。

銚子1636―しおさい14号→1755千葉

睡魔に抗わずにいたら、気づけば千葉に到着。
本当はモノレールとかも乗りたかったけど、疲れたので帰宅。
千葉からの記憶があんまりない。半分寝ながら帰ったのだろう。
実はこのブログも半分寝ながら書いてるんだZE☆(炎上)

そもそも炎上するだけの閲覧数がないことから目をそらしながら……
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<久々のジャンクPCいじり~PC-9821Na12編 | メイン | 北陸新幹線全通にかかわる問題>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/523-e38966c1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。