2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
真冬の九州、豪華列車乗りまくりのお値打ち旅 4日目 枕崎・九州新幹線・西鉄編
- 2013/12/10(Tue) -
旅のトップページへ戻る
3日目へ戻る

■■■■■■12月5日(木)■■■■■■
バースデーパス3日目

お……おはようございます
3時半。殆ど眠れなかった。今日は更に南下する。
鹿児島中央の始発は4時51分発の指宿行。薩摩半島をぐるっと半周する指宿枕崎線だ。4両なのには驚く。なのはな車両で転換クロスシート。頬杖ついて窓の外を流れる鹿児島湾……真っ暗すぎィ!!


▲たまには電光掲示板の写真でも

そして朝だから寒い。にしても暖房弱い。これは学生が大量に乗ってくるから暖房控え目というパターンなのか。しかしそんなことはなく、4両は最後までガラガラ。
指宿で、貴重な枕崎行きに乗り換える。目指せ!JR最南端の終着駅。稚内には以前行ったので感慨深い。車両は先程までとガラッと変わり1両のキハ40。学生が10人程度乗ってきた。


▲枕崎行きは左側、1両

薩摩板敷で鹿児島水産高校の学生をドカッと降ろした。空は白みはじめ、枕崎に到着した7時20分には完全に朝がやってきた。枕崎駅は今年駅舎ができたばかりらしく、色々なモニュメントができていた。だが券売機すらないのは少し寂しい。厳しい事を言えば、これは駅舎ではなくあずまやである。


▲日の出とともに終着駅へ


▲ゴテゴテと作っている駅

朝日眩しい中、7時37分に折り返す。当然だが鰹食ってる暇はなかった。学生と旅行者が数人乗った。ここから引き返す。
車窓が開聞岳でいっぱいになると、西大山駅は近い。途中下車する。ご存知、JR日本最南端の駅でどうしても降りたかった。タイトなスケジュールで枕崎に行きつつここで途中下車するにはこのコースしかない。だが降りたのは自分一人。それにしても開聞岳のシルエットはシンプルで美しい。冬の朝の空気が心地よい。記念撮影で三脚立ててテンションあがった。悪い癖である。


▲西大山駅にて。ちょっと写りこむ人は自家用車で来訪したらしい


▲定番の撮影スポット

苦言を呈するならば、やや観光地化されている点だ。最果ての駅にはふさわしくないのではないか?個人的には何もない駅が良かった。それにしてもバスツアーや自家用車で乗り付けて列車の写真だけ撮って帰る輩は許せない。その為早朝か夕方をオススメする。
何と、次の列車は31分後という絶妙なタイミングでやってくる。9時ちょうどに出発。山川まで10分。指宿行だがここで降りる。


▲車で来た人にこれは貰えまい

鹿児島中央行きの快速なのはなは山川始発。山川は指宿の隣。指宿は温泉街、山川は港町。駅舎は何とも味がある。ちなみにこちらは最南端の有人駅だ。発車し、こんどは眩しい快晴の鹿児島湾を見ながら鹿児島中央に戻る。


▲山川駅の雰囲気は抜群に好み

いよいよ、鹿児島中央からバースデーパスの本領発揮。N700系のさくら552号のグリーンに博多まで乗っちゃう。小倉までは乗れない(博多以東はJR西日本)ので注意。
なるほど外観こそN700だが内装はほどよい水戸岡デザイン。どぎつくなく落ち着ける。設備は濃紺のシートにオートリクライニング。枕にコンセントに……と新幹線のグリーンにデザインのプラスアルファ、のようだ。基本、はしゃいでおりました。


▲新幹線のグリーン車という事実にはしゃぐ

博多にはあっという間に到着。ここから何と、また新幹線で戻ります。目的地は新大牟田。つばめ347号へ。やはり800系は良い。昨日は夜だったのでまた違う。


▲9年前とは思えない美しさ

新大牟田に到着。駅周辺の開発はこれから進むだろうか。ここから西鉄バスで大牟田駅に向かう。中心街からはものすごく離れている。


▲大牟田駅よりもだいぶ山側にあります


▲バスで約30分

駅のうどん屋のおばちゃんが、三池炭鉱で賑わった頃を語ってくれた。今はグリーンランドやらイオンやらで寂しいと。だが、ここは「賑わった頃」の規模、母数が大きい。確かに駅商店街は寂れてきているが、元気に営業している店も多い。半減したとはいえ12万人の人口を抱える。歴史ある町というだけで感動を与えていることに気付いて欲しい。市役所は立派な文化財でしかも現役だった。


▲市役所(昭和11年竣工)

西鉄大牟田から、天神大牟田線に乗る。西鉄初乗車だ。特急で一路福岡天神へ。大牟田からの西鉄は特急に乗らないとダメ。平成元年製の車で、転換クロスシート、前面展望が楽しめたりとなかなか時代を反映している。単線区間が多くて驚く。


▲西鉄特急。nimoca買いました

60分で終着。天神からやや迷って地下鉄駅に入り、また博多駅へ。この旅だけで3度目だ。


▲西鉄ターミナル

さあ、いよいよ九州豪遊の旅のラストを飾る列車だ。それは小倉行のきらめき16号。もちろんグリーンを取ってあるが、ただのグリーンではない。
その名も「DXグリーン」。普通のグリーン席の前に、たった3席存在する。実はかつて、新幹線全線開業前にリレーつばめとして使われていたこの特急。ビジネス需要を見込んで車内会議室を作ったが、車両自体が他の特急の置き換え用になったとき、使われなくなった。そこで「帯に短しタスキに長し」スペースの有効利用という訳だ。


▲奥に何か見えるぞ!?

この席、在来線でありながら新幹線のグリーンを遥かに超えるグレード。まず、とにかく広い広い。ハンガーまで備え、自動リクライニングを押し続けると……どこまでも動き、最終的にはほぼフルフラットに!唯一の欠点は、ジーパンにザックだと恥ずかしい(笑)。グリーン誰もいなかったから良かった。初老のビジネスマンしか使えないだろ精神的に!あ、でもホームで待つ通勤客の横でフルフラットっていうのは優越感を通り越して笑わせにかかってる。きらめきは小倉までなのでとてもじゃないが寝る時間はない。でもガラガラなんで試してみるならこの列車。


▲初期状態


▲さらに倒れる!角度はなんと140度以上らしい。
 (荷物が汚らしくてすみません)

小倉に到着し、のぞみへの乗り換えをするとバースデーパスは役目を終えた。
まさに最後の特急の名前「きらめき」に満ちた九州の旅でした。疲れたけど。詰め込んだ価値はあった。みなさんも誕生月にぜひどうぞ!


▲切符は最終的にこのような状態に

おしまい


旅のトップページへ戻る

最終日 行程表
鹿児島中央0451始発
     普↓
指宿   0556
 〃   0609始発
     普↓
枕崎   0720
 〃   0737始発
     普↓
西大山  0829
 〃   0900
     普↓
山川   0910
 〃   0926始発
    快速↓なのはな
鹿児島中央1034
 〃   1041始発
   新幹線↓さくら552
      ↓■指グ5/6■
博多   1207
 〃   1244
   新幹線↓つばめ347
      ↓800系自由席
新大牟田 1321
新大牟田駅前 1332
       55↓西鉄バス340円
大牟田駅前  1359
西鉄大牟田  1453始発
       特↓西鉄天神大牟田線1000円
西鉄福岡(天神)1553
天神     1607
 (7,8分おき) ↓福岡市営空港線福岡空港行200円
博多     1613
 〃   1638始発
    特急↓きらめき16
      ↓■DXグ6/6■※最後尾1号車
小倉   1728
 〃   1746
   新幹線↓のぞみ56
東京   2237(4分遅れ)
東京2239山→2248上野2253快→2325柏2332→2335北柏

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<真冬の九州、豪華列車乗りまくりのお値打ち旅 もくじ | メイン | 真冬の九州、豪華列車乗りまくりのお値打ち旅 3日目 高千穂・肥薩線編>>
コメント
- NTV「世界番付」の者です -

お世話になります。
突然のご連絡で失礼致します。
私、日本テレビで「世界番付」という番組を担当しております川口と申します。

この度、御社HPの「知的財産権
- 2005/12/05(Mon)」のページを拝見しご連絡させて頂きました。(URL:http://namtul.blog9.fc2.com/blog-entry-121.html

2014年1月17日放送の当番組で、掲載されていた「Poly Station」の写真を使用させて頂きたくご連絡をさせて頂きました。

急なご相談で恐縮ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。


2013/12/29 08:14  | URL | 川口順也 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/538-d51410d0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。