2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中国地方再発見の旅 3日目 呉線・竹原、瀬戸内マリンビュー編
- 2014/08/31(Sun) -
もくじに戻る
2日目へ戻る

尾道のまぶしい日差しを浴びながら、早速出発します。
一本早いやつに乗れた。隣の糸崎まで行きます。
到着。30分くらいあるが、時間をつぶせそうなものもなく、駅のベンチでボケーっと待つ。


▲典型的なターミナル駅

ここから819始発の、呉線直通広行きへ。105系、オールロングシート。呉線、前回は夜の乗車だったので、実質初めてみたいなものである。


▲絶景(この写真とは違うが、安芸幸崎~忠海がキレイ。)

858、竹原で途中下車。ここでしばらく観光します。
安芸の小京都と呼ばれるだけあって、町並みが美しいらしい。駅から徒歩15分で、古い町並みが現れた。


▲竹原町並み保存地区


▲竹鶴酒造。今度朝ドラで出る。

脇の石段を昇ると、西方寺。
靴を脱いで普明閣へ昇ると、竹原の街を一望できる。海から山まで。


▲普明閣


▲普明閣からの眺め

智頭、津山と見てきたが、竹原の町並みは『盛りだくさん』。町と寺が深い関係にあるんだな、とか、建物の種類が多く、歩くのが楽しい。当時の生活を感じることができた。


▲外壁もさまざま


▲道の真ん中に神社


▲塩田の浜主、笠井邸(もともと製塩の町)

せっかくなので、飯を食います。
店の様子を見ると、竹原はアニメの舞台にもなったらしい。


▲肉・卵入りお好み焼き、もちろんそば入り、800円『ほり川』

もともと醤油屋さんだったそうで、ソースが旨い。かなりの甘口に広島を感じる。好みの味。シンプルなメニューを選んだこともあってか、麺が多めに感じた。でも生地が薄いので、もたれずにパクパク食える。ソースにハマって、机上のボトルから麺に追加!あぁ旨い。

店を出る。観光客が多くなってきた。朝に普明閣を満喫して正解だったようだ。
竹原駅に戻ります。
ちょっと曇ってきた。


▲竹原駅

ここから広島方面へ。お待ちかね、瀬戸内マリンビューがやって来ましたよ!
この日のために指定券を買ってある。


▲瀬戸内マリンビュー外観。クルーズ船をイメージ

1402、竹原発車。
車内は落ち着きのあるインテリア。船をイメージしているのも、素直で好感が持てる。ゴテゴテしてないのも良い。
トンネルに入ると暖色系の照明がキレイだった。
何より、観光案内アナウンスが無いのが素晴らしい!瀬戸内海の島々や牡蠣養殖イカダを見ながら、静かに浸れるのが最高。
混雑具合はひとつのボックスに1~2人という感じ。自由席車両は混んでいた。


▲瀬戸内マリンビュー指定席。海を向いたソファー席もある


▲オブジェ。


▲安浦手前。

他にも安芸川尻~仁方で海に近づいた。
名残惜しいが、1448に広で下車。こうしないと広島到着が遅れ、先に乗り継げない。
呉線のターミナル駅である広。当然だが広発広島行き、広島発広行きが多い。地元民と鉄オタ以外は多いに混乱。


▲広駅、103系安芸路ライナー

広で15分の接続、快速安芸路ライナーに乗り換える。呉でマリンビューを追い越す。

始発列車に座って広島にはあっという間。1554に到着。
しかし大ターミナル駅の雰囲気を味わう間もなく、1600発の芸備線、快速みよしライナーに乗り換えなくてはなりません。3番線から9番線へダッシュ。つきましては広島駅での写真はございません。


▲快速みよしライナー(三次駅にて)

やはり席が埋まっている。休日だから……という微かな希望も見事に打ち砕かれた。

発車から15分後、広島土砂災害の対岸を走る。はっきりとは見えないが、山に土石流の跡がいくつも見えた。
土砂崩れとはスケールが違う。ただそう思った。
土砂災害沿線の可部線は明日復旧らしい。

後は終点三次まで一直線。……なのだが、規格の良くない線路をぶっ飛ばすから揺れる揺れる。車内の客が「速い」とか言ってると信号待ちで止まる。やっぱり飛ばし過ぎッス。
1721、広島県三次駅に到着。厚い雲に覆われている。


▲三次駅、大改造中

今日は疲れたので、適当に飯を食ったら早々と宿へ向かった。


4・5日目へ進む
もくじに戻る


■■■8/31(日)3日目■■■
尾道0735
   ↓山陽線
糸崎0743
 〃0819始発
   ↓山陽線・呉線
竹原0858

竹原1402
   ↓呉線
   ↓快速瀬戸内マリンビュー2号
広 1448
〃 1503始発
   ↓呉線
   ↓快速安芸路ライナー
広島1554┓
 〃1600┛始発
   ↓芸備線
   ↓快速みよしライナー
三次1721


map3.jpg
4・5日目へ進む
もくじに戻る
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<中国地方再発見の旅 4・5日目 三江線からサンライズ出雲編 | メイン | 中国地方再発見の旅 2日目 岡山吉備路・尾道編>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://namtul.blog9.fc2.com/tb.php/549-45ffba3d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。